0120-434-199

営業時間 9:00~18:00 日・祝定休

京・塗・家のブログ

これがこだわりのシーリング処理です!

塗装をする前の、シーリング処理は外壁サイディングにとっては最も重要な部分だといえます。

弊社でのシーリング処理の工程を参考までにご覧ください!

この度は、塗装の前工程でのシーリング工事のご紹介です。

 

*施工前現況

 

*既存シーリング撤去

 

*清掃作業

 

*プライマー塗布作業

 

*シーリング打設作業

 

*ヘラ押さえ作業

 

*施工後完了

 

シーリングは、塗装の下地に施工する場合と、タイルの取合い施工する場合と、サイディングのジョイントに施工する場合と、その他さまざまな適材適所で材料の選択が変わってきますので、注意して材料を選択するのが必要となってきます。

解らない事や、不明な事がございましたら、なんでもお気軽にご相談くださいませ!

この度は、外壁塗装のご紹介です!

*施工前現況

 

*養生

 

*下塗り(パーフェクトフィラー波肌)

 

*上塗り1回目塗装(パーフェクトトップ)

 

*上塗り2回目塗装(パーフェクトトップ)

 

*施工後完了

 

施工現場

躯体構造=鉄骨構造、ALCパネル(リシン吹付仕上げ)

この度の使用材料は、

下塗り=日本ペイント(パーフェクトフィラー)

上塗り=日本ペイント(パーフェクトトップ)

パーフェクトトップは1液水性ラジカル制御形ハイブリッド高耐候性塗料

↑長いですが(笑)

耐候年数目安13年の塗料を使用いたしました。

将来的なクラック(ひび割れ)防止の為、下塗りは厚塗り(波肌模様)仕様に致しました。

長持ちするように職人たちが丁寧に施工している姿です!

ご覧ください!

鉄部塗装(小庇)のご紹介です!

*施工前現況

 

*ケレン作業

 

*清掃作業

 

*錆止め塗装

 

*上塗り1回目塗装

 

*上塗り2回目塗装

 

*施工後完了

 

今回施工の上塗りは日本ペイントのファインパーフェクトトップを使わせていただきました!

シリコン樹脂塗料以上の高耐候性塗料(ラジカル制御形)になります。

鉄部塗装は、下地処理を念入りにしないとすぐに、剥離や錆の発生の原因になりますので注意して作業しています。

 

下地補修の写真です!

 

皆様、こんにちわ!

株式会社 京・塗・屋の林田です。

この度は、塗装では最も大事な下地補修状況の写真を載せさせていただきます。

私共、京・塗・屋では、下地補修には特に気配りをしています。

塗装は、表面的にはキレイになるのですがやはりお客様の大切な建物をこの先少しでも長く維持していくためには、
やはり下地補修や塗装の前工程だと思います。

今回は欠損部の補修状況を見てくださいませ!

施工前→プライマー塗布→樹脂モルタル補修

初めまして、株式会社京・塗・屋です。

この度、ホームページの開設を機に株式会社京・塗・屋の現場施工風景や塗装技術の説明などを

 

京・塗・屋施工ブログを通して

 

皆様へお伝えしていこうと思っております。

 

今回は初めての投稿になりますので、挨拶だけにと思ったのですが

 

本日、現場で職人がブログに載りたい!!!と

 

 

ブログ初登場は、京・塗・屋のエースの一人森川さんです。

 

はけで綺麗に塗っている所です。

 

次は

 

 

塗装前の重要な作業工程の養生です。

 

恥ずかしがり屋で、名前は岡本さんです。

 

週に何回か、こんな感じで現場風景などを書かせて頂きますので

 

皆様、楽しみにして頂ければ嬉しいです。

 

宜しくお願い致します。

お家に関するお悩みやお見積もりなど、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

営業時間 9:00~18:00 / 定休日 日・祝定休

フリーダイヤル 0120-434-199

営業時間 9:00~18:00 日・祝定休